Platin – ブロックチェーンを用いた位置証明プロトコル

Platin(PTN)は、ブロックチェーンを用いた軽量で、安全で、検証可能な位置証明(PoL)プロトコルです。

Platinプロトコル

Platin(PTN)は、「3つの原則」にもとづき、ブロックチェーンを用いた軽量で、安全で、検証可能な位置証明(PoL)プロトコルです。

Platinの位置証明の3つの柱により、安全で堅牢な位置証明プロトコルを実現し、ノードへの参加を直接奨励することができるのです。

ユースケース

エアドロップ(人道的)

自然災害や壊滅的な災害のために困っている人々は、スマートフォンネットワークが稼動していれば、利用可能な通貨を文字通り、街頭で見つけます。 地元の商人は商品やサービスと引き換えにコインを受け取ります。 この革新的な慈善活動は、他のすべての人道活動と平行して、次のような利点があります。

  • ・仲介者がいない - 費用のかかる仲介者を必要とせずに、受取人へのリアルタイムな直接支払いが可能です
  • ・無駄がない - 申告のない暗号通貨は、送信者に戻されます
  • ・ため込みがない - 取得頻度制限、取得割合の制限、ウォレットごとの制限をポリシーで定めています
  • ・公正 - 支援を必要とする人に届く前に、人道的援助や資金が搾取されるのを防ぎます
エアドロップ(都会的)

暗号通貨の商業的エアドロップを選び抜いた場所で行うことで、人の流れを集めると同時に、革新的な方法での集客が可能になります。

魅力的なインセンティブと組み合わせることでPlatin導入時のあつれきもほとんどなく、Platinの積み重ね可能な安全な位置情報プロトコルの永続的なユースケースになります。

KYCと住所確認

KYCとAMLの規制要件に準拠した金融機関およびその他の機関は、物理的な存在を安全に検証するために、一定期間内だけ取得可能な使い捨ての専用エアドロップを作成するこ とができます。

ユーザーは、偽造されやすい公共料金の請求書などをアップロードすることなく、PlatinのPoL(位置証明)にもとづき、安全に顧客の身元と住所確認を完了できます。

サプライチェーン

全ての商品は、原産地、加工地、販売地が別々に存在します。これらの位置情報は、それぞれの材料の原産地を知る上で、製造業者や販売業者、消費者の信頼を得るための重要な情報になります。

認証、ガバナンス、監査、公正な取引にもこうした情報が必要です。Platinの位置証明は、仲介者なしでこの問題を解決する簡単な方法です。

フィットネス

スマートフォンにPlatin Pocket™アプリをインストールしていれば、誰でも運動するだけで収集できます。トレーニング中にアプリであらかじめ指定したルートを走っ たり歩いたりすると、PTNを獲得することができます。

ソーシャルメディアで人気のフィットネス報告機能と統合することにより、他の暗号通貨利用者やフィットネス愛好家がPlatinのドロップを見つけ、より多くを獲得するために参加してきます。

通貨ジオフェンシング

複数のユーザーがまとまって参加することで、Platin PoLプロトコルにもとづいてジオフェンシングでエリアを指定した国内の暗号通貨を迅速に配布できます。

通貨は、発行当局によって決定された国の国境内で地理的に固定されます。

01
/06

立証の奨励とPTNのマイニング

事前で持続的な人の移動により、スマートフォンを持っていれば誰でも、PlatinのブロックチェーンのPoLプロトコルに参加しながら、受動的かつ匿名で(ゼロ知識証明を用いて)ピアを立証し、PTNコインを獲得できます。

Platin Plexus

Platinのブロックチェーン、Plexusの特長:

Platin Pocket

モバイルベースのアプリケーション:PlatiNetエリア内の信頼できるビーコンによる、自己署名のセンサー融合にもとづいた早期の安全な位置認識。本質的に高い信頼度スコアを有し、その証明と位置情報を取得するローミングノードの立証は、高い信頼度で扱われます。Platin Pocketは、ウォレット、エアドロップ、取得、マイニング、暗号通貨の送受信も可能です。

Platinのポリシー

地図上の場所でエアドロップされたすべてのコインは、コインの条件を規定したポリシーに準拠します。ポリシーはPlatin APIが作成し、取得半径と無差別性、時間制限、ウォレットの制限、マルチノードの要件、移動と行動、取引の確認、認証などを規定しています。

ゼロ知識証明

Platinのノードは、非対称暗号書名とZK Snark(ゼロ知識証明)を用いた1回限りの再生不可能な独自のクエリを使用して異議を唱えることができます保護されたZKは、PTNのマイニングを可能にし、ユーザーのプライバシーを傷つけることなく、または自分の身元について何かを明らかにすることなく、その場所から金銭を取得することができます。ノードの身元確認を開示することなく検証できます。位置情報を開示することなく検証できます。

ロードマップ

マイルストーン

ホワイトペーパー

最新のPlatinホワイトペーパー(リリース予定)を公開しています。最新版では、Platinが配布した安全な位置情報プロトコルに加え、位置証明(PoL)の画期的な研究や奨励済みの立証を紹介しています。また、Platinアーキテクチャの概要もご覧いただけます。

ホワイトペーパーをダウンロードする

Platinの公表済み科学審議会パートナー

Blog and Media

Our latest posts

April 17, 2018

Robert Scoble Joins Platin.io

April 10, 2018

Dr. Lionel Wolberger, Platin CTO

April 10, 2018

Why Does Platin Needs its Own Blockchain?

April 9, 2018

Proof of Location for Field Technicians

February 17, 2018

Detecting Fraudulent Location Claims in a Privacy-Preserving Manner

December 12, 2017

Tokyo Blockchain accelerator press release

トークンセール

トークンのプリセール:2018年3月開始
TGE:2018年8月

Platin報奨金プログラム:近日公開予定:

The Team

Core Team

Advisors

Contact